amphora

こだわりオイルスパ

ヘアエステ

よく見かける頭皮ケアと何が違うの? 
それは未体験のお客様からよくお尋ねいただく言葉です。

その【秘密】は同施術のためだけに創られた専用のケア・アイテムによる圧倒的な再現性(使用感)と一目瞭然で分かる視覚的効果にあります。

また、ヘアエステが目指すのは“ただ気持ち良いだけ”、臭いや手触り等の“表面的な仕上がりだけ”に捉われない、ダメージや悩みを抱えた頭皮・毛髪の【根本からの改善・回復】です。

見た目だけでは終わらない、真の理想的なコンディションを取り戻すための従来までの常識では実現できない、全く新しい、頭皮・毛髪へのアプローチなのです。






一般的な頭部アプローチとその特徴


【泡】によるアプローチ キメの細かい、ふわふわの泡が素肌に触れることで素肌表面には気持ち良さとやさしさを感じますが、重要なのは泡が立つ理由と、汚れの落とし方です。
泡立ちを良くする場合、汚れを落とすための洗浄成分とは別に、界面活性剤などの化学物質を使用していることがあります。
界面活性剤等の化学物質は素肌に沈着しやすく、残存皮脂などの老廃物、その他の不純物と共にしつこく素肌に居座り続けます。
また、強い洗浄効果を特徴としたものの中には、必要以上に油分を取り過ぎることで使用後のツッパリ感や過乾燥を引き起こす場合があります。

【炭酸】によるアプローチ 炭酸がはじけることによる刺激で感覚的に気持ち良さを感じる場合もありますが、クレンジングという意味では表面的なものの除去だけに留まる可能性が高く、特に頭皮環境を悪化させる主物質の除去は期待できません。
また、炭酸泉として入浴した場合は、炭酸濃度によって効果は変動するものの、血管拡張作用による血行促進、体温上昇も期待できるが、炭酸そのものは素肌内部に浸透することは出来なIいため、直接的な効果としては限られています。

【オイル】によるアプローチ 同じケア用オイルであっても、原料やその含有量・精製度、油分の性質によって、その効果はそれぞれ異なります。
ヒトに使用するもの、使用する状況に適したオイルでなければ、例えケア用のオイルであっても効果的なクレンジングは出来ません。

【その他の洗浄剤】によるアプローチ 洗浄剤によっては「洗浄力の強さ」を特徴にしているものがあります。
汚れ(不純物質)を落とすことに対して一般的には【完全に取りきる(出来る限りキレイにする)のが正解】とイメージされる場合が多いものです。
そのため、洗浄剤もつい、洗浄力の強さで選んでしまう方が多いかもしれません。
食器や衣類ではそれでも良いかもしれません。
しかし、頭皮(素肌)は違います。 むしろ、【完全に取りきる(取り過ぎる)】ことは、逆効果です。 頭皮(毛髪)で言う”汚れ”は主に体内から分泌される皮脂です。
その分泌はカラダが必要性を感じるからこそ行われる云わば”生理現象“です。 つまり、これらを強い洗浄効果で必要以上に落としてしまうことはヒト本来の生理現象に逆行し、皮脂の過剰分泌によるベタつきや不純物の増加や、皮脂の取り過ぎによる過乾燥といった影響や不要なトラブルを引き起こす要因となってしまうのです
ヒトのカラダ(素肌)を洗浄する上で大切なことは、除去する”強さ”ではありません。
汚れの”取り方(バランス)“です。
それは”不要なモノだけを除去し、必要なモノは残す“ということで初めて実現できるものであって、洗浄力の強さだけでは実現できません。 また、洗浄効果に特化した洗浄剤によっては「せっかく汚れは落とせても、製品に含まれる原料や物質が素肌に残存してしまう」というものもあります。
これら物質は元来、わたしたちのカラダには存在しないもので、普段のお手入れだけでは適切に落とせず、 これらが残存することで素肌や毛髪などに悪影響を引き起こす一因となるため、注意が必要です。

【頭皮環境の悪化】
一般的な原因 頭皮・毛髪 環境を悪化させる主な原因は、皮脂腺から分泌される皮脂です。
しかし、これらが悪化させるすべての原因となっている訳ではありません。
皮脂以外にも、体内から排出される老廃物、ヘアアレンジの際に使用するスプレーやワックス等のスタイリング剤に含まれる化学物質、さらには頭皮・頭髪ケアのために普段のお手入れ時に使用するシャンプーやトリートメントといったケア用アイテムに含まれる不純物質も頭皮環境を悪化させる原因ともなっています。
デイリーケアでの意外な落とし穴 “自信”ではなく、”過信”が生んだ思い込み メディカル頭皮ケアをご利用になる方。
それはは頭皮環境に悩みやコンプレックスを抱いている方だけではありません。
実際には頭皮環境に自信がある方も多くご利用されています。
頭皮に環境に自信をお持ちの方は普段の生活において、ケアの頻度やケアに用いるアイテムなどにも”こだわり”を持っている場合がほとんどです。
ただし、その”こだわり”が本来、期待しているものでなかったらどうでしょうか? その”こだわり”は本物であれば、自信を持つことは当然です。
しかし、そうではなかったら…。

それは「必要な効果」から得た自信ではなく、ただの「思い込み」からなる過信でしかなりません。
化学物質が運ぶキケンな安易な安心感 普段のお手入れにおいて、頭皮や毛髪のコンディションの良し悪しを「ニオイ・手触り・見た目」で判断し、これらを実感することで安心していませんか?
“良いニオイがする”、”手触り・肌触りが良い”、”見た感じがサラサラ・ツヤツヤしている” 一見、メリットに感じるその効果も化学物質によるものであれば頭皮環境にとっては逆効果となる場合があります。
頭皮環境が悪化する原因は、カラダから排出される老廃物以外にも一般のケア用アイテムに含まれる化学物質によるものもその一因となっています。
香り、触感・見た目の良さが続くという事は、裏を返せば「その”効果”が続く分だけ頭皮に残存している」ということでもあるのです。

必要なものはカラダにあります 頭皮環境の改善・回復を求める時に、少しでもその状況が好転することを望む中で、”頭皮にとって良さそうなもの”を積極的に取り入れようとするのはごく自然な流れです。
しかし、これらせっかくの試みも頭皮がその必要性を感じていない、もしくは頭皮との相性が悪ければ意味がありません。 頭皮が本来の理想的なコンディションを取り戻していく上で必要なものというのは元来、カラダが持ち合わせています。 ヘアエステでは不足しているものを補てんするだけでなく、これまでのケアにおいて生じた過剰なもの、偏ったものを改善・調整することで、頭皮を本来のあるべきコンディションへと導いていきます。 そのアプローチ、本当に頭皮(頭部)は求めていますか?

CONTACT

自然派志向のヘアカラー 酸化染料を使わず97・4%植物成分 ジアミンアレルギーの方使用可能。
PAGE TOP